濱松克光 ハママツカツテル 大工 静岡 木工事 静岡市内の木工事・大工のことなら濱松建築へ

濱松建築 〒424-0842
静岡市清水区春日2丁目4-12 
 

用 語 意 味
大黒柱
(だいこくばしら)
建物の中心に建る柱。従来の日本家屋は地震の配慮から家の重みを一本の心柱に集めるように作られている場合が多く、その柱の片方に土間の厨房が配置され、厨房には大黒天がまつられていた。

(たたみ)
藁が呼吸することで畳が乾燥し、ダニの発生も少なくなる。畳床がスタイロホームであったり、畳の下に新聞紙・防虫紙を敷いたり、荒床が合板であると、畳本来の通気性が発揮しない。
立ち上らせ柱
(たちのぼらせ
ばしら)
柱の上に組物がのりその上に虹梁や天井がのるのが通常の技法であるが、柱が組物・天井より上までのびて小屋組と組み合っている柱をいう。したがって組物は柱に貼り付けたり、挿し肘木を用いることになる。
垂木
(たるき)
軒桁母屋棟木に架けた屋根を支えるための構造材。
屋根の下地に打たれる野垂木と、化粧に見える化粧垂木とがある。

(だぼ)
密着して材を接合する際に両方の材に半分づつ埋める長さ2寸幅1寸程度の薄い木片をいう。
 
 
用 語 意 味
力垂木
(ちからたるき)
大きい物を溝欠出しにして普通の垂木のようにして造る垂木。
乳金具
(ちちかなぐ)
扉などの釘隠しに用いられる半球で先端に円筒形の乳首状のものがあるもの。鋪首(ほしゅ)、鐶甲(かんこう)、饅頭(まんじゅう)金具ともいう。
中敷居
(ちゅうじきい)
押入の中段等に設ける敷居のこと。
散り
(ちり)
壁よりも柱の出ているところをいう。
 
 
用 語 意 味

(つか)
短い柱の意味。梁や桁などを支える。
壼錐
(つぼぎり)
ふつうの錐より大きめな穴を開けるときに使用するもの。
 
 
用 語 意 味
定尺
(ていじゃく)
柱材の長さは通常3メートルと4メートルのものが定尺材として市販されている。
鉄砲
(てっぽう)
山の斜面などに生える樹木は真っ直ぐではなく緩いS字状に曲って生長することがあり、その根元からおそよ6尺ほどの部位を言う。よく乾燥させた上で、芯去材として使用すれば狂いが少ないという。
天袋
(てんぶくろ)
天井の近いところに付けられた戸棚。
出隅
(ですみ)
二つの壁などが出会う部分で、凸になった部位。→入隅
 
 
用 語 意 味

(と)
斗は「ます」とも読み、斗きょうにあって部材の抱き合いを助ける役目を持つ。平面形は正方形または長方形立方体の下部を刳りとって底面を小さくして柱やキョウの上に載るようにされている。
通し棚
(とおしだな)
水屋に造り付けられた二段の棚のうち、上段にある杉の一枚板をいう。下段は杉板との間に二本の竹を挟んだ「すのこ棚」
胴差
(どうざし)
長い柱を立てたときに、横につないで竪固にするために中間に入れる背の高い横材。
通肘木
(とおりひじき)
組物において肘木が次の組物の間を通っている肘木。一筋に通った組物の上に一本の通った横木(肘木)をのせる場合。→組物
砥粉
(とのこ)
焼けた粘土あるいは砥石を粉砕した粉末。水に溶かした泥状の液体をボロ切れに浸して木材の表面に塗布する。保護や目止めの効果。
自己紹介
住宅の木工事(実績)
お手頃価格の大工リフォーム
大工用語集
E-NET.member's BLOG
 
お手頃価格の大工リフォーム
大工用語集
株式会社えねい建設

HOME自己紹介住宅の木工事(実績)お手頃価格の大工リフォーム大工用語集E-NETメンバーズブログ|お問い合わせ
Copyrightc HAMAMATSU-KENCHIKU. All Rights Reserved.
静岡 木工事 大工 静岡市内の木工事・大工のことなら濱松建築へ