濱松克光 ハママツカツテル 大工 静岡 木工事 静岡市内の木工事・大工のことなら濱松建築へ

濱松建築 〒424-0842
静岡市清水区春日2丁目4-12 
 

用 語 意 味
サイクロイド 円が直線上を滑らないで転がるとき、その円周上の定点が描く軌跡をのこと。
指金
(さしがね)
矩手七寸七分五厘、八寸長。長手一尺五寸七分五厘、一尺六寸長。
指籠
(さしこ)
木造の座敷牢のこと。
差籠、指子とも書かれ、内折、内檻の表現もある。
実肘木・實肘木
(さねひじき)
【組物】三つ斗の上にのせて桁を受ける場合の肘木。
端部には彫刻をほどこす。→通肘木
三七
(さんひち)
敷居鴨居の畦と溝の幅の寸法のこと。
襖は畦が3分、溝が7分。
 
 
用 語 意 味
地板
(じいた)
床の間の板床にはめこまれる板。
松、欅、楓、桜などが多く使われる。
支外垂木
(しがいだるき・
しがやだるき)
支割りの計算外という意味で屋根の妻のところで棟より桁の内側までのところにある垂木。拝み垂木ともいう=おったて/追立垂木。=むなしたおがみ/棟下拝垂木。
四分板
(しぶいた)
通称二分三厘と呼ばれた巾1尺どまりで長さ6尺の杉の板のこと。
羽目板などに使われた。
上梁名
(じょうりょめい)
上棟の際に作成する建立の旨趣や時日・関係する僧侶・工匠などを記した銘文。板に書いて梁に打ち付けたり堂内に掲示したりする。
芯去り
(しんさり)
製材された木材が丸太の時の芯を持っているかどうかで「芯持ち」と「芯去り」とに区別される。芯持ちは乾燥すると干割れが生じるので、屋台や三門などには芯去り材が用いられる。芯去り材は直径の大きい木から取る。→背割り
 
 
用 語 意 味
透門
(すかしもん)
貫など離して打ち外から見える様に造るもの。
筋違
(すじかい)
斜めに打ち付ける木をいう。
捨土台
(すてどだい)
地の中に埋め込む土台で杭の上に渡す。
図面竹
(ずめんだけ)
竹に塩酸をふりかけて模様をつけたもの。
和室天井材の竿縁などに使われる。
 
 
用 語 意 味
折衷様
(せっちゅうよう)
大仏様ゆ禅宗様の技法を積極的に和様に取り入れた新しい建築の創造を指向した建築様式。外観、内部とともに縦長のプロポーションを持つ。
背割り
(せわり)
一丁取りの柱は芯持ち柱と呼ばれ、乾燥すると節があってもなくても干割れが生じる。そこで仕上がって見えなくなる所の一面に鋸を縦に柱の芯まで入れてやり、干割れする分を集中させて、あらかじめ割れていい道筋をつけてやること。

(せん)
指口にて一方の木が外れない様に打ち込む木をいう。
 
 
用 語 意 味
反り増し
(そりまし)
垂木や桁が先端に行くにつれて反り上がり、しかも成が大きくなっている状態。(中世の建物に用いられた)
傍垂木
(そばだるき)
切妻造りで側壁から突き出た軒(→側軒)にある垂木。
雑巾摺
(ぞうきんずり)
壁と床の界に細い板を付けること。
自己紹介
住宅の木工事(実績)
お手頃価格の大工リフォーム
大工用語集
E-NET.member's BLOG
 
お手頃価格の大工リフォーム
大工用語集
株式会社えねい建設

HOME自己紹介住宅の木工事(実績)お手頃価格の大工リフォーム大工用語集E-NETメンバーズブログ|お問い合わせ
Copyrightc HAMAMATSU-KENCHIKU. All Rights Reserved.
静岡 木工事 大工 静岡市内の木工事・大工のことなら濱松建築へ