濱松克光 ハママツカツテル 大工 静岡 木工事 静岡市内の木工事・大工のことなら濱松建築へ

濱松建築 〒424-0842
静岡市清水区春日2丁目4-12 
 

用 語 意 味
螺鈿
(らでん)
漆塗りの手法(装飾法)のひとつで、漆塗りの表面に光沢のある貝殻を模様型に切ってはめこんだもの。→蒔絵

(らん)
不揃いなこと。
乱継ぎとは継手が一直線上に集まらないこと。
欄干
(らんかん)
欄とは竪の木、干とは手摺のこと。
欄間
(らんま)
天井と鴨居または内法長押の間に採光と通風、または装飾のために設けられた開口部で、小障子、組子、竹、板などを嵌め込む。
 
 
用 語 意 味
竜宮造り
(りゅうぐうづくり)
下層の上部が半円形の開口を持ち白い塗り壁とした重層の楼門。
竜宮城のような造り。

(りん)
木挽の木材を挽く台。
 
 
用 語 意 味
連子子
(れんじこ)
格子窓の子のこと。
連子窓
(れんじまど)
細い角材を縦または横に並べた格子窓。
そのうち、竹の詰打ち窓のことは有楽窓(うらくまど)
 
 
用 語 意 味
楼門
(ろうもん)
二階建の門のうち一階にも屋根を設けたものを二重門と呼び、一階には屋根を設けずに二階に高欄をつけた縁を巡らす楼造の門のこと。寺院や神社の表門として用いられた。
六枝掛け
(ろくしがけ)
鎌倉後期に成立した木割法で、三つ斗組において左右の巻斗の外寸法間を、六本の垂木間の距離に一本の垂木の幅を加えたものに等しくする方法のこと。
陸谷
(ろくだに)
勾配の緩やかな谷のこと。
二棟の間の狭い部分をつなぐときに生じる谷のこと。
陸屋根
(ろくやね)
平たい屋根のこと。
勾配の極めて緩やかな屋根のこと。
論治垂木
(ろんじたるき)
二軒で木負と隅木の交点あたりから出ている飛えん垂木のこと。
天望垂木ともいう。
自己紹介
住宅の木工事(実績)
お手頃価格の大工リフォーム
大工用語集
E-NET.member's BLOG
 
お手頃価格の大工リフォーム
大工用語集
株式会社えねい建設

HOME自己紹介住宅の木工事(実績)お手頃価格の大工リフォーム大工用語集E-NETメンバーズブログ|お問い合わせ
Copyrightc HAMAMATSU-KENCHIKU. All Rights Reserved.
静岡 木工事 大工 静岡市内の木工事・大工のことなら濱松建築へ