濱松克光 ハママツカツテル 大工 静岡 木工事 静岡市内の木工事・大工のことなら濱松建築へ

濱松建築 〒424-0842
静岡市清水区春日2丁目4-12 
 

用 語 意 味
中備
(なかぞなえ)
組物と組物の間に、構造補強のために置かれた斗と束から成る間斗束のこと。後に間斗束は台形の撥束や絵様のついた蓑束へと装飾化が進み板蟇股へ。
流れ
(ながれ)
棟から軒口までの長さをいう。棟から軒までの汎称。
長押
(なげし)
柱の鴨居上端に取り付けたもの。柱の内と外からはさんで横につなぎ、建物の横揺れを止める構造材。取付る位置によって、下から地覆長押、縁上の切目長押、戸口下の半長押、窓下の腰長押、戸口上の内法長押、天井下の天井長押と呼ばれる。
夏障子
(なつしょうじ)
紙の代わりにすだれを張った夏向きの障子。
 
 
用 語 意 味
二重梁
(にじゅうばり)
小屋組において梁を増すとき、空梁本梁の二本の梁を使用する。
 
 
用 語 意 味

(ぬき)
柱を繋ぎ合わす横木。柱を挿し通して横につなぐ構造材。大仏様、禅宗様とともに日本に伝えられた。構造的に優れ、長押だけの和様建築に広く普及した。
布石
(ぬのいし)
土台の下に土台と平行に敷く石。→布基礎コンクリート
根械
(ねかせ)
門柱などの沈下傾斜を防ぐために下に十文字に取り付ける木。
 
 
用 語 意 味
根継ぎ
(ねつぎ)
柱の下の腐った部分を取って継ぐこと。
練塀
(ねりべい)
瓦と土で錬り合わして造る塀。
 
 
用 語 意 味
軒唐破風
(のきからはふ)
左右両端が照り中央部が起っている破風=唐破風が軒先の一部につけられたもの。切妻造りに付けられると切破風(きりはふ)、入母屋造りに付けられると入母屋破風と呼ばれる。
野垂木
(のだるき)
野地垂木のこと。
母屋桁の上に置いて屋根葺材を支える垂木。
鑿立
(のみたて)
板を張ってゆくときに板間に隙間が開かないように、鑿を立ててこじて板を密接させること。
野屋根構造
(のやねこうぞう)
軒下に見える垂木の上にもっと急な勾配を持たせた別の垂木(野垂木)を取り付け、野垂木の上に屋根(野屋根)を葺き、屋根勾配を自由に決めることができるようになった構造。
自己紹介
住宅の木工事(実績)
お手頃価格の大工リフォーム
大工用語集
E-NET.member's BLOG
 
お手頃価格の大工リフォーム
大工用語集
株式会社えねい建設

HOME自己紹介住宅の木工事(実績)お手頃価格の大工リフォーム大工用語集E-NETメンバーズブログ|お問い合わせ
Copyrightc HAMAMATSU-KENCHIKU. All Rights Reserved.
静岡 木工事 大工 静岡市内の木工事・大工のことなら濱松建築へ