濱松克光 ハママツカツテル 大工 静岡 木工事 静岡市内の木工事・大工のことなら濱松建築へ

濱松建築 〒424-0842
静岡市清水区春日2丁目4-12 
 

用 語 意 味
前包
(まえつつみ)
入母屋内側の屋根上に取り付ける横木。
間配垂木
(まくばりたるき)
大疎(おおまばら)垂木とも呼ばれる。垂木の空きが広いもので現在の一般住宅の多くがこの形式。→疎垂木、吹寄垂木、繁垂木、半繁垂木

(ます)
肘木の上部につく四角い部材。
油や醤油をはかる升に似ていることから升、斗と呼ぶ。
間柱
(まばしら)
柱の一尺五寸間位に立てる小柱。
間渡し
(まわたし)
壁下地にして横に所々取り付ける竹小舞のこと。
 
 
用 語 意 味
見込み
(みこみ)
枠、框、組子などの幅。敷居や鴨居の横巾側のこと。
見付き
(みつき)
枠、框、組子などの側面。敷居や鴨居の縦巾側のこと。
三斗
(みつど)
四つの方斗からなる組手。
昭和初期に製作した掛塚や福田の屋台の腰組子は、三斗。
箕甲
(みのこう)
入母屋造りや切妻造りの反り屋根において、破風の上り棟付けの上端から平流れの部分との間にある曲面をいう。
 
 
用 語 意 味
起破風
(むくりはふ)
上のほうへ反る破風。千鳥破風とは反対。
無垢板
(むくいた)
一枚全体が同じ材から出来ている板のこと。
向唐破風
(むこうからはふ)
前後に唐破風があること。両側にある場合は平唐破風という。
当方で製作している大唐破風造り屋台は向唐破風造り屋台と呼ぶべきかもしれません。
棟木
(むねき)
垂木が打てるように相欠きをした眞束頭へ架け渡した材。
無目
(むめ)
鴨居、敷居で溝のないもの。
あるいは、戸口や窓の上下を限る横材のこと。
 
 
用 語 意 味
目板
(めいた)
板の継目の所に打ち付ける幅の狭い板をいう。
召し合わせ
(めしあわせ)
建具の竪框と竪框が重なり合う、または突きつけになる状態のこと。手法としては竪框を戸の厚みより増しをつけてL字方にして隙間を防ぐものと、室町時代で消滅したという柱間中間に鴨居から敷居にかけて中方立をたてて隙間を防ぐものがある。
目違い
(めちがい)
木と木の継目が凸凹であること。

(めん)
柱など部材の角を削り取った面形のこと。
十面取りとは柱の見付けがもとの9/10になるように面取りすること。
 
 
用 語 意 味
持送り
(もちおくり)
腹板の下の部を繰る部分をいう。雲形、若葉形種々あり。
裳階
(もこし)
身舎(もや)、あるいは庇の四面に、さらに一間巾に取り付けた庇状の構造物。本屋の側柱(庇柱)の頂部に庇を取り付けたときにできる空間を言う。建物を広く使うために設けられる。奈良時代から。
母屋
(もや)
小屋束の上に置いて野垂木を支持するもの。野地の桁。
母屋違い
(もやちがい)
その隣の母屋と高さが違うこと。
自己紹介
住宅の木工事(実績)
お手頃価格の大工リフォーム
大工用語集
E-NET.member's BLOG
 
お手頃価格の大工リフォーム
大工用語集
株式会社えねい建設

HOME自己紹介住宅の木工事(実績)お手頃価格の大工リフォーム大工用語集E-NETメンバーズブログ|お問い合わせ
Copyrightc HAMAMATSU-KENCHIKU. All Rights Reserved.
静岡 木工事 大工 静岡市内の木工事・大工のことなら濱松建築へ