濱松克光 ハママツカツテル 大工 静岡 木工事 静岡市内の木工事・大工のことなら濱松建築へ

濱松建築 〒424-0842
静岡市清水区春日2丁目4-12 
 

用 語 意 味
箱金具
(はこかなぐ)
コの字形に包み込む装飾を兼た金具または装飾としての金具。
巻き金具ともいう。

(はしら)
鉛直に立って上部の構造を支える構造体。奉られる神様や人を数えるとき一柱(ひとはしら)、二柱(ふたはしら)でいい表す。
桔木
(はねぎ)
軒の出の多い場合、軒の垂れを防ぐ木。土居桁を支点として茅負をはね上げるように納める木のこと。一端は小屋束などに取り付け、中央部は横材の上に支えられ、他端に於いて軒先を支承する。
破風
(はふ)
破風板のこと。古くは博風、薄風などとも。屋根の妻側の三角形のところへ山形に取り付けられた板。起源は神明造りなどの妻側の垂木の一部、つまり屋根面より突き出た部分が千木となり下の部分が破風となった。

(はり)
すべてに荷を受ける横木。柱頭の位置にある桁をのぞく水平材で、屋根の架構を支えるもの。元来は棟に直角の方向(側面)、いわゆる梁間方向にしか梁は入っていなかった。
 
 
用 語 意 味
火打板
(ひうちいた)
襖の隅々を固めるために設ける三角形の板。
ひかる 指金(差し金・さしがね)などで、直角でない材料の曲がり具合や角度を接合しようとする材などに写し取ること。
引手金具
(ひきてかなぐ)
襖や戸の開閉の機能と装飾を兼ねる金具。
紅色の房を下げたものを総(ふさ)引手という。
雛束
(ひなづか)
床の間の違い棚の上下の棚の間に立つ小さな束。
海老束(えびつか)ともいう。
桧皮葺
(ひわだぶき)
桧の樹皮を細かく裂いたものを葺足を短くして竹釘で葺いてゆく屋根のこと。
 
 
用 語 意 味
吹寄垂木
(ふきよせたるき)
垂木を数本ずつ集めて配列したもの。
繁垂木を2本おきまたは3本おきに抜いていくとこの形式になる。
二腰屋根
(ふたこしやね)
棟から腰まで二つの流れのある屋根のこと。
舟肘木
(ふなひじき)
柱上もしくは柱上の大斗にのせて桁を支える。
三つ斗組の肘木よりも長く両端を舟の形に刳りあげる。
風呂吹き大根
(ふろふきだいこん)
漆塗り職人が漆器などを乾かす(硬化させる)ために、適当な温度と湿度を管理している部屋(作業場)を室(むろ)あるいは風呂と言います。
 
 
用 語 意 味
箆書
(へらがき)
瓦などの部材に箆または箆状のもので書かれた陰刻のこと。
 
 
用 語 意 味
方立
(ほうたて)
窓や出入り口の縦枠や、内法の間に設ける戸の納りのための天井まで達せずに鴨居のところのでの小さな柱のこと。
方斗
(ほうと)
大斗の上に枠肘木を設け、これを介して大斗上に乗る斗。
平面は正方形。
棒隅
(ぼうすみ)
反りのない隅木のこと。
洞床
(ほらとこ)
床の間の内部の隅を見せず、全て壁にすること。
本途帳
(ほんとちょう)
建築工事の見積り・積算の根拠となる材料や労務の単価を記した帳簿。現代の「建設物価」や「積算資料」に相当。
自己紹介
住宅の木工事(実績)
お手頃価格の大工リフォーム
大工用語集
E-NET.member's BLOG
 
お手頃価格の大工リフォーム
大工用語集
株式会社えねい建設

HOME自己紹介住宅の木工事(実績)お手頃価格の大工リフォーム大工用語集E-NETメンバーズブログ|お問い合わせ
Copyrightc HAMAMATSU-KENCHIKU. All Rights Reserved.
静岡 木工事 大工 静岡市内の木工事・大工のことなら濱松建築へ