濱松克光 ハママツカツテル 大工 静岡 木工事 静岡市内の木工事・大工のことなら濱松建築へ

濱松建築 〒424-0842
静岡市清水区春日2丁目4-12 
 

用 語 意 味
青砥
(あおと)
刃物を研ぐとき用いる砥石の事・・・荒い物から、混合砥石(刃が欠けた場合など使う)中砥石(青砥に属する)合せ砥(仕上砥石又は、合わせ砥石と言う)等が有るが現在では天然物は少ない。
足場
(あしば)
工事作業用に組みたてる仮設の作業床、作業足場の事。
外部足場/天井足場/養生足場/鉄筋工事足場/内装作業足場など(足場板で作業する事もある)作業に応じて仮設に構築する。
東屋
(あずまや)
柱だけで屋根を支えた建て物で壁も少なく吹き抜けた構造で、庭園などを、見る為の休憩所みたいな所に儲けられる事が多い。
屋根は四角や多角形円形などの物が有る。
頭繋ぎ
(あたますなぎ)
梁の種類で柱、束などを上部で繋ぐ軸組構造材(横木部材)だが、比較的過重には関係ない部分に使うので部材は比較的小さめの物が多い。
洗い出し
(あらいだし)
左官工事・・・種石とモルタルで練り合わせ、壁や、床に塗込み、半乾き状態の時に、水洗い(表面モルタルを流し落す)して種石を浮き出させて、石を綺麗に見せる仕上工法。
上がり框
(あがりかまち)
玄関など、土間から床に上がる為に取りつけた化粧角材。
(床に上がる際一番目につく縁部材で縁淵「えんぶち」とも言う)
 
 
用 語 意 味
イスカぎり 水盛り遣り方なの時に打ちこんだ杭の頭の加工・・・水盛り後に杭を外部から叩かれたりして、変形された場合など確認出来る様に工夫された加工。
板床
(いたどこ)
床板・・・段のある框床/蹴込床など板が使ってある床の間の、ゆか
畳床・・・畳(ゴザ)が敷いてある床の間の、ゆか(一部下段が板の場合もある)
いちころ 左官用語・・・本当は数工程も掛けて仕上る仕事を一回の工程で仕上げてしまう事/一発仕上とも言う。
糸裏
(いとうら)
鉋やノミの裏の部分を言う・・・裏は凹面になっているが少しの部分、先端の平らになってい部分を裏と言うがその部分が少ないほど糸裏で面積が多いのはベタ裏と言う。
稲子
(いなご)
竿縁天井板工事(合板加工製天井板の場合)板の重ねに隙間が空かない様に用いる裏面の細工の事。(重ねの上側を蟻や、メチを貼って差し込むようにして止める工法)
一間
(いっけん)
尺貫法(長さ)・・・建築長さの基本(1間・・・6尺→1820mm)
(耗/厘/1分/1寸/1尺/1尺5寸/3尺/6尺等が基本倍率として応用する事が多い)
 
 
用 語 意 味
薄鑿
(うすのみ)
突鑿とも言う・・・細かい細工の仕上に使う鑿
他に・・・タタキのみ/大入れのみ/丸のみなど種類も様々ある。
腕木
(うでぎ)
柱や梁から持ち出し先端に桁を乗せて庇などを作るときに、持ち出す材を言うが、別物でも似たような所に使う材も腕木と呼ぶ事がある。
裏矩
(うらめ)
矩尺(差しがね)の裏側の目盛り(表目に対しての対角線、、√寸法や円形の直径、紋尺などが記されており、実に奥が深い用途ができる代物である。
上木
(うわぎ)
造継ぎ手、仕口など、組み合わせるときに上になる側(男木・・・オキ)と言い受け側下木を(女木・・・メキ)と言う。
裏板
(うらいた)
軒裏が化粧納まりの場合に張る化粧板の事で、化粧垂木の上から打ち付ける板材。
内法貫
(うちのりぬき)
在来工法で壁の加重を受ける又、鴨居を吊る為に用いられる壁下地材の横木部材で内法貫の端にボルトを仕込み柱間を締め付け鴨居の隙間を防ぐボルト引き内法貫工法もある。
 
 
用 語 意 味
枝束
(えだつか)
眞束小屋組の中程左右にある斜めになっている束のこと。
縁板
(えんいた)
大床の板のこと。
東北地方では、囲炉裏の縁板に貧乏神が住み着いており、手入れのいい家の貧乏神は福の神に変わるという言い伝えがある。
縁葛
(えんかずら)
縁板の外側を受ける横材で、縁束の上にのるか縁束の上に欠きこまれる。縁束の頂分を連結して縁板を受ける横木のこと。(外側の部材)
円堂
(えんどう)
八角形の平面建築。法隆寺の夢殿(八角円堂・八角仏殿)、真円の建築物が造れなかったので当時は八角形をもって円堂とした。
 
 
用 語 意 味
大棟
(おおむね)
(屋根の)最高部にある水平な棟のこと。
(屋台の場合は棟樋(むなどい)などとも呼ばれる)
大平壁
(おおひらかべ)
一枚の大きな壁面のこと。
主に床の間の正面の広い壁面をさす。
筬欄間
(おさらんま)
竪子を竪繁にして横子は上下一筋中三筋ほどにした欄間。機(はた)織りの筬に似ていることからの呼び名。縁側の鴨居の上に設けられたものを特に鞘(さや)欄間という。
落掛け
(おとしがけ)
床の間や書院の上の小壁の下端に掛けてある鴨居のような横木。
鬼斗
(おにと)
【組物】隅肘木の上に設けて、通し肘木を受ける斗。
斗尻と含みは45度ねじれる。角斗(つのと)とも言う。
鬼瓦
(おにがわら)
屋根棟の端の鬼面の瓦。棟端飾り瓦とも称され、本来の使命は大棟の飾りであったが、神社における破邪、魔除け邸が込められてきた。
自己紹介
住宅の木工事(実績)
お手頃価格の大工リフォーム
大工用語集
E-NET.member's BLOG
 
お手頃価格の大工リフォーム
大工用語集
株式会社えねい建設

HOME自己紹介住宅の木工事(実績)お手頃価格の大工リフォーム大工用語集E-NETメンバーズブログ|お問い合わせ
Copyrightc HAMAMATSU-KENCHIKU. All Rights Reserved.
静岡 木工事 大工 静岡市内の木工事・大工のことなら濱松建築へ